So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

2007-09-02

みなさま こんにちわ。
気分を新たにブログを再スタートさせる事になりました。

以前のもので、『電動歯ブラシについて』が患者さんに大変好評であったため、
ここからスタートさせようと思います。

☆電動歯ブラシについて
電動歯ブラシは以下の3つに分けられます。
1、狭義の電動歯ブラシ
2、音波歯ブラシ
3、超音波歯ブラシ

まず1、狭義の電動歯ブラシとは
ブラシの振動で器械的に歯垢を落とす種類の物で、
100円ショップで売られているような安価な物から
色々機能がついた高価な物まであります。
安価なものだと、手で磨くスピードが少々速くなった程度であったり
ブラシが替えられないような事もあります。
代表的なものでは、ブラウン社から出ています。

次に2、音波歯ブラシとは
ブラシの振動で歯垢を器械的に落としますが、
30000回/分の高速振動であるので、適切な場所に
ブラシを当てるだけで、楽に歯垢を落とせます。
1秒間に何回振動したかをHz(音波)といいます。
音波は16~20000Hzの振動とされ、
この領域内の振動数を持ったものが音波歯ブラシとなります。
性能は優れていますが、歯への当て方や使用法に慣れるまで
時間がかかる事と価格が高いことが注意点です。
代表的なものでは、ソニッケア、プリニアなどがあります。

次に3、超音波歯ブラシとは
ブラシのヘッド部分に超音波発生装置が内蔵されており
ヘッドで発生した超音波がブラシの毛先伝わります。
超音波は骨や皮膚の創傷治癒を促進する効果が確認されているため
歯周病の治りを促進し予防的に働く効果があります。
しかし、超音波そのものではブラシの毛先はほどんど
振動しないため、手で磨くのと同じようにブラシを動かす必要があります。
深い歯周ポケットがある方に適切ですが、ブラシを当てるだけでは
歯垢は落とせないことが注意点です。
代表的なものでは、デンターシステマ 超音波歯ブラシ
DENT.EX システマ ウルトラソニック などがあります。
というような特徴があります。


色々と機能が優れていると価格も高くなりますが、
価格を見ると同時に、機能、特徴を見て自分にあったものを選んでください。
また注意点として、電動歯ブラシといっても、ブラシをきちんとあてなければ
意味がありません。
1歯1歯、歯ブラシで磨くように丁寧にブラシをあててください。
そして120%電動歯ブラシを使いこなしてください。



共通テーマ:健康
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。